7月4日夜 - 3時間待って2時間並んで9時間待って@バニノ

|

午前4時、唐突に船が港に着いてから14時間後寝台列車に乗るまでのしょーもないドキュメントをこのお聞き苦しさでどーぞ。 [ 音声を聞く / 写真を見る ]


より大きな地図で 兼高ヘル美ロシアの旅2010 を表示

列車の走行音がでかすぎてお聞き苦しすぎるかと思いますので...だいたいこういうことを言うてます。

唐突に船着いた!→午前3時半!真っ暗やん!→周りに流される性格が幸いして送迎バスで鉄道駅へ→きっぷ売り場閉まってるやん!→3時間待ち...→窓口開いた!@午前7時→列が進まない...この人並んでたっけ?...ひとりで10人分も買うな!...発券システム遅ないですか?...クレームなら最後尾に並び直せや!...お母さんそらため息も出るわな...なんでヘル美最後尾になってんねん4時からおんねんど!→きっぷを買えたのは1時間45分後の8時45分→列車は今日の夕方発→待合などで9時間ほどヒマつぶし→アレこの人稚内からサハリン行きの船に乗ってなかったっけ?→アレこのオッサンら北朝鮮の人ちゃう?→それにしてもこのバニノという街はほんま潤いないわ→アレもう夕方→列車来た!→またこれで先に進めるんですねありがとう

ロシアの列車のきっぷ売り場は「遅い」「並ばない」で悪名高いと聞いておりましたがまさかのっけからこんな流れになるとは...5時間近く待って無事席が取れたときは脱力しました。。

(音声ファイルをダウンロード: mp3/5.4MB)


写真もどーぞ。



深夜のバニノ駅

午前3時半に船を放り出されて右往左往した証拠に指が写りこんでいる(写真上部)。



深夜のバニノ駅

船を降りた乗客についていって待ってるバスに乗ったらバニノ駅に着きました。人生流された方がトクってことですよね。



きっぷ売り場の窓口

これがきっぷの窓口。どんなに人が待っとっても開いてる窓口はひとつだけやねん。今はひと通り列がはけた後やしおとなしいもんです。



ロシア国鉄のきっぷ

朝4時から3時間待って2時間並んだ成果ですよ!2回乗りかえて3つの寝台列車を乗りつぐことに。目的地に着くのは4日後でっス。



ホームを通過する列車

次の列車まで丸1日。やることないしホームをぶらっとしてみるもののあまりのダルさに指が写りこんでいる(写真左上部)。



バニノの街中にある灯台

あまりにヒマやし買いもんもせなあかんやろということで線路を渡ってバニノの町に行ってみました。

街の中に灯台が。3つぐらいあるそうでっス。



バニノの街中にある団地

この薄暗く寒々しい北の町のすすけた団地で送る人生というのはどんなもんなんやろ。

ロシアの平均寿命は女性約76歳に対して男性約59歳、自殺率は10万人に対して女性約10人、男性は約54人で世界ワースト3位。

だそうでっス。



バニノ駅の待合

見るべきもんもない街から早々にひきかえしまして待合に戻るとこのありさまよ。あんたら疎開中か。



サハリンゆきの船のきっぷ売り場

バニノ駅構内にサハリン-バニノ航路のきっぷ売り場が。午後から売り出してましたけど早い時間から列...というか人だかりができて殺気だっとりました。ほんま見るだけでうんざりするわ。

この売り場できっぷを買った外国人旅行者の捨て身のレポート(英)を発見しましたのでどーぞ。これ読んだら...ヘル美はほんまラッキーやってんなぁ。。



寝台列車

やっと来たがな。15時間ぐらい待ったんと違うか。



寝台列車

ウラジオストックゆき。かもめの絵がなんとも。。



列車の車体の絵

「まいど!待った?15時間?メ ム ゴ メ ム ゴ !」「うちらがご案内するよってに!」

煮 付 け た ろ か 。


<< 前「7月3日21時 - サハリン島からユーラシア大陸へ [3]」

次「7月5日7時 - バニノからコムソモリスク・ナ・アムーレへ [1]」 >>