7月5日16時 - コムソモリスク・ナ・アムーレを歩くヘル美。

|

ソビエト時代の団地が立ち並ぶコムソモリスク・ナ・アムーレの駅前通りを歩いております。ここが繁華街やないのはわかりますけど、それにしても潤いがないわ... [ 音声を聞く ]


より大きな地図で 兼高ヘル美ロシアの旅2010 を表示

 移動が続くと調べもんしたりメールや郵便出したりする機会が減ります。今やバックパック旅行にもインターネットは必需品やねん。というわけでガイドブックに載っていたネットカフェに向かっているところなんですけれどもなんぼ探してもないんです。。なくなってんのか(ありがち)地図がいいかげんなんか(これもようある)、まぁ見つからんもんはしょうがないので、調べものはあきらめて、手持ちのメモ用紙に今後の旅程など書いてメールのかわりに郵便で送ることに。

 郵便が届く頃には旅程が終わってるやろから事前告知という意味ではムダやねんけど途中でなんかあったときに、コムソモリスクで郵便を出したいう足跡になるので、やっといたほうがいいんです。山道で木の枝折って歩くようなもんでっス。

 このルートは、もし何かに巻きこまれたりしたら永遠に見つからへん行方不明者になるわーというような雰囲気があるんです。通りを渡って向こう側に行くとこっちに戻って来れへんようになるような危うい感じ。

 まぁ単なる思いこみやねんけど。



(音声ファイルをダウンロード: mp3/2.3MB)


写真もどーぞ。



鹿柄の毛布とベッド

コムソモリスク・ナ・アムーレ駅前。なんもないだけにピンクの駅舎がひときわクレイジーやわ。



駅前の団地

駅前から団地が。それにしてもさびしい。。



レーニン像

レーニン通りに面したレーニン広場にあるレーニン像。この裏の建物にネットカフェがあるはずなんですけれどもなかった。



駅舎

お風呂入って寝て郵便出してもう1回お風呂入ったので次の列車に乗りまっス。なんでピンクにしたんやろか。



駅のきっぷ売り場

きっぷ売り場。おまえらちゃんと並ばんかい。でもきっぷを持ってるヘル美には関係のねぇこって。

列車の発着が少ない時間帯は空いていることがあとで判明いたしました。まぁ当たり前よね。



駅の時刻表

駅の時刻表。左下の"963"コムソモリスク・ナ・アムーレ発ティンダゆきに乗りまっス。全部モスクワ時間で書いてあるのでややこしいねん。

モスクワゆきっちゅうのもあるな。何日かかんねん。。



駅のホーム

揃いのジャンパーを着た若者がたくさんおりました。いろんな民族がおった。



駅のホーム

この駅は東西を結ぶバイカルアムール鉄道とウラジオストックなど南から来る鉄道が交わる駅なので割とにぎわってまっス。



マグカップとリップクリーム

駅の売店で発見したので即購入。こういうもんはすぐ見つかるやろと思っとったけど結局ここまでなかった。

それにしてもニベア高ないか?300円弱。



車内からホームを見る

あぁこれで2泊は寝るとこの心配せんでええわ。でも距離考えたら2泊3日って長ないか?

そ~なんですよ川崎さん。これがあとで判明する「900番台のワナ」やねん。。


<< 前「7月5日9時 - お風呂があればそれでええのにスイートルーム」

次「7月5日20時 - タモリの偉大さに思いを馳せるヘル美」 >>