7月7日21時30分 - 宿泊所のオバハンの攻撃でトマスが出てったわけですけれども。。

|

払ったはずの宿泊費をまた払え!という思いがけないオバハンの攻撃に怒り心頭のフランス人旅行者トマス。深夜発の列車に乗るべく、結局彼は出ていってしまいました... [ 音声を聞く ]


より大きな地図で 兼高ヘル美ロシアの旅2010 を表示


(音声ファイルをダウンロード: mp3/5.3MB)


ヘル美はひとり部屋を頼んだにもかかわらず、あてがわれた部屋はおそらくふたり用の部屋だったんでしょう。本来なら誰か客が来たらもうひとり入れるところを、トマスとシェアするってことで誰も入れなかった、つまり取り置きしといたからその分昼間12時間の料金も発生してんで!いうことなんでしょう。今思えばですけど。それならそれで朝トマスが聞いた説明と違うやん!ということで、いずれにしろ釈然としません。が、旅行中こういうことはよくあるよくある。


トマスにあげたお茶とたばこ

ふだんはめっちゃ穏やかなのに、怒りとショックでひどく動揺したまま去ったトマス。こういうときはお茶とたばこやん?


トマスにあげたお茶とたばこ

ジップロックに入れてちっさいマグといっしょに駅の待合に持っていくヘル美。こういうことがあった直後にひとり夜行の寝台に揺られんのはかなりきついと思うねん。ちなみにたばこは「トロイカ」。走れトロイカ。


<< 前「7月7日17時 - 昼間っからそんなに飲めないヘル美。」

次「7月8日10時 - 泣きメロ歌謡について思いつきをしゃべるヘル美。」 >>