7月11日12時 - 極寒の湖上を温泉に向かうヘル美。

|

船しか行かれへん温泉があんねんと宿のオーナーに誘われましてやまだかつてない早起きをしてツアーに参加したわけですけれども...[ 音声を聞く ]


より大きな地図で 兼高ヘル美ロシアの旅2010 を表示


(音声ファイルをダウンロード: mp3/3.3MB)


セヴェロ2号

船でしか行かれへん温泉に行かへんけ、というツアーに誘われて参加。オールドスタイルが魅力な「セヴェロ2号」が皆さまを魅惑の北バイカルにご案内。


甲板でくつろぐロシアの人々

(右)「芳恵おばちゃんもう店止めたほうがいいと思うわ妙子ちゃん手伝いばっかりでかわいそうやわ!なぁ亮クンもそう思う言うてたやんな?」

(中)「あぁ...まぁ」

(左)「そんなん言うけどな芳恵さんも妙ちゃんおるから店やめられへんいうのんもあんねんし、なぁ亮くん?」

(中)「うん、まぁ...」

こういうとき男はしゃべりすぎても黙りすぎてもなんか言われんねんな...


写真を撮る少女1

服がアレなのは...中国のんしか売ってへんからです大目に見たげてください。


写真を撮る少女2

はしごを下りると船室になってます。服がアレなのは...大目に見たげてください。


ナージャのパイ

この日のガイド、ナージャとオカンの手作りパイを食べながら雑談。


温度計は12度

めっちゃ寒いので操縦室に入れてもらったら温度計は12度。室内でこれなので外は推して知るべし。


モーターボート

立ってられへんほど寒いのに湖面を切るようにゆくモーターボート。


とろっとした湖面

沖に出ると湖面が濃い群青色に変わって波が静まり、なんというか、とろっとした質感になるんです。ひえひえの冷気が湖面からはい上がってきます。水深は7~800メートル程度とかなり深い。吸いこまれそう。


もやが立ちこめるバイカル湖

そして立ちこめるもやの中からタロットカードを持った魔女がぬおーっと現れて「アンタ...土星人プラスの霊合星人やな!」


<< 前「7月10日12時 - つかの間の夏を扉を開けるヘル美。」

次「7月11日17時 - シベリアの秘湯でお肌つるっつるのヘル美。」 >>