7月14日19時30分 - なぜか水中翼船を乗りかえるヘル美。

|

終点イルクーツクを目の前にしてなぜか別の水中翼船に全員乗りかえたわけですけれどもこっちのほうが断然ええやん!なんで今やねんコラ![ 写真を見る / 音声を聞く ]


より大きな地図で 兼高ヘル美ロシアの旅2010 を表示


(音声ファイルをダウンロード: mp3/0.8MB)



桟橋

ここはアンガラ川の河口、ポート・バイカルちゃうかなたぶん。ここからアンガラ川をさかのぼってイルクーツクへ向かいまっス。

いやー降りる人もいるんやーいうてぼけーっとしとったらどんどん人がおらんようになったので船員さんに聞いたところ船が替わるから降りて!と。当然ながら事前にお知らせなどなくあってもわからんしまさか終点目前で船を乗りかえるとは想像し難かろうとは思いますけど、それくらいではもうびっくりしません。



桟橋に降りる乗客

桟橋がこんなんでももう驚きません。あるだけマシ。



錆びついた港

錆びついた船と屋根が崩れた建物...



停泊する船

あぁ、ちょっとぬくい...



船の水しぶき

イルクーツクに向かってアンガラ川をさかのぼりまっス。あと1時間ぐらいで到着。



川岸の建物

人の気配がなかったバイカル湖から一転、集落や釣りをするボートが。うわさ通りバイカル湖の南側は発展してまっス。



船内で変な顔する子ども

「こんなええ船あるんやったら先に出せっちゅうねん。」

おっしゃる通りですお坊ちゃま。


<< 前「7月14日18時 - またぞろ寒さをぼやくヘル美。。」

次「7月15日15時30分 - シベリアのビッグシティ、イルクーツクにたどり着いたヘル美。」 >>