7月20日4時30分 - 若者に煙たがられる予感がするヘル美。。

|

まだ夜も明けきらぬ早朝4時。モスクワ駅の待合にぽつねんとたたずみながら若者に煙たがられる予感がしておりまっス。。[ 写真を見る / 音声を聞く ]


より大きな地図で 兼高ヘル美ロシアの旅2010 を表示


(音声ファイルをダウンロード: mp3/2.5MB)



ヤロスラフスキー駅のホーム

終点モスクワについたのが朝の4時。1時間前には車掌に起こされまっス。そういえば船が朝4時着っていうのもありましたねぇ...

これなどまだマシな方で深夜1時や2時発着というムチャな列車もけっこうあります。もっと格上の列車に乗るとちょうどええ時間に着くらしいです。


前回に引き続きましてホームでものを売る人々。



キーロフ駅

あと一晩でモスクワ!キーロフ駅でもの売る人々。これでも夕方5時半でっス。



おもちゃを品定め

段ボールにしょーもないおもちゃを詰めて売るオッサン。客は買う気マンマンで品定めしておりまっス。

なんでホームでおもちゃ売ってんねんと最初は謎だったわけですけれどもこれは夏休みってことで子どもが多いシーズンなんですな。あと帰省のおみやげとか。



ぬいぐるみ売り

車両から降りようとすると...ホームにどーんと置かれたぬいぐるみ群と目が合うというレイアウトになっております。



真夏で暑いし荷物増えるし誰が買うねんこのぬいぐるみ...と思っておったわけですけれどもけっこう人気あるやん。



ぬいぐるみ売り

売り子のおばあちゃんが手に引っかけているぬいぐるみがシャイニンオンなんか哀しい...



デッキに置いてあるぬいぐるみ

...って買うてるヤツおるやん!

キーロフ駅のおもちゃとぬいぐるみ、見てるとなんか切な~い気分になりました。。



列車がホームに到着

ホームの反対側に列車が入ってきたわけですけれども親切なアナウンスなど一切ないので常に気をつけてないと危ない。

物売りの方々は新しい客を求めてスタンバイ済やな。



アルマティ行きの表示

この列車はサンクト・ペテルブルグ発カザフスタンのアルマティ行き。アルマティからは中国のウルムチ行きの列車があるのでまぁそういう帰り方もできるわけです。いろんな列車の行き先を見てると夢もふくらむっちゅうもんですわな。


<< 前「7月18日23時30分 - おんなじ音楽が好きな若者と偶然出会うヘル美。」

次「7月20日5時15分 - ウクライナ風酢漬けのきゅうりを分けてもらうヘル美。」 >>