7月22日13時20分 - 観光船でうしろ髪のばし隊と出会うヘル美。

|

突如目の前に現れた新感覚「うしろ髪のばし隊」。美の基準はいろいろですな。世界は広いでっス。[ 写真を見る / 音声を聞く ]


より大きな地図で 兼高ヘル美ロシアの旅2010 を表示


(音声ファイルをダウンロード: mp3/1.8MB)



ポーズをとる観光客

相も変わらずのんびりムードの観光船。

「ちょっとアンタフラッシュ長めに焚いてや!シミも飛ばしてや!」



うしろ髪が長い人

そんなのんびりムードにさざ波をたてるかのように突如現れたうしろ髪のばし隊。

うしろ髪をちょろっとのばすスタイルは日本でも見受けられるわけですけれどもこんなにも大胆にのばすとは。どこの人やろか。


川岸で繰り広げられる男と女のドラマが起こすさざ波がさらに我々の船を揺さぶるのであった。



男を問いただす女

「なぁ、アンタ...借金キレイにした言うとったやんな?あれほんまなん?」



女に言い返す男

「全部返したわ。」
「あたし見てん...督促のはがき。1社ちゃうやん。ぜんぜん返せてないんちゃうん?なぁ?どうなってんの?」



男に詰め寄る女

「あんな額アンタの稼ぎだけでキレイになるわけないやんか。腹くくって自己破産して出直す言うてくれたやんな?あたし信じててんで!」



女に言い返す男

「せやしバイトもして返してるっちゅうてんねん。おまえに迷惑かけてへんやろが。」
「アンタスロット止めてへんやろ。」



男を責める女

「自力で返せるわけない自己破産しかないってほんまはアンタもわかってんねやろ!それやのにいつまでもふらふらスロットに逃げてどうするつもりなんよ!」



女に怒鳴る男

「ごちゃごちゃ知ったような口ききやがってええかげんにせぇよ!おまえもどうせ他人事やろが!」

「ちょっと!他人事ってどういうことなん?!」



男を責める女

「あたしがどんな気持ちでおるんかアンタほんまにわからへんのん?...借金キレイになるまで待っとってくれ言うたんは誰なん?!」



男の元を去る女

「もうええわ!アンタなんかヤミ金にくさりでぐるぐる巻きにされて南港に沈んだらええねん!」



ひとりになった男

「くそっ...どうしたらええねん...」



船からふたりの写真を撮るオッサン

「メ シ ウ マ ー」



はだしの勇者ヒカル

「払いすぎた利息が戻ってくるかもしれないわ!あたしに任せて!」

ヒカルちゃん弁護士や司法書士等の国家資格を持たない者が過払い金の返還請求業務を行うと弁護士法に違反しますのでここはひとつ矛を収めていただいてですね。

いやしかしこの船ほんまにおもしろかったでっス。みなさんもぜひどーぞ。


<< 前「7月22日13時 - 観光船で選ばれし勇者と出会うヘル美。」

次「7月23日16時30分 - モスクワでサウナ外交を繰り広げるヘル美。」 >>