8月4日15時10分 - 海鳴りを聞きながら暗雲の下をひたすら歩くヘル美。

|

暗くて寒~いモレーン島で海鳴りを聞きながら人気のない草原のわだちをひたすら歩いておりまっス。[ 写真を見る / 音声を聞く ]


より大きな地図で 兼高ヘル美ロシアの旅2010 を表示


(音声ファイルをダウンロード: mp3/2.0MB)


引き続きましてモレーン島のもようをどーぞ。



モレーン島の湾

なんとなくお天気が持ち直したような雰囲気。



モレーン島の湾に浮かぶボート

モレーンは1時間ほど歩くと1周できてまうということですので1周してまうことに。



海沿いのわだち

このようなわだちをひたすら歩くわけです。海風が強い。



黒い雲が垂れこめる海

こんなところでまた降ってきたらどうすんねん。



黒い雲が垂れこめる海

海に近づくと吸いこまれそうや!



草むらと黒雲

こういう草原が続いてまっス。



ベンチと民家の屋根

とにかく人の気配がないので歩いとってもひたすら不安なわけですけれどもたま~に集落から外れて建つ民家がちらりと見えたりしてほっとしまっス。



石造りの何かに立てかけてあるイラスト

道を外れてないということはわかりますけれどもこれはなんなん?



石造りの塔

謎の建造物。



小石を積み重ねた石垣

彼らが去ったあとに残された石垣には「 ち き ゅ う の お と こ に あ き た と こ ろ よ 」というメッセージがこめられているそうでっス。



大西洋

こういうレコードのジャケット見たことない?



大西洋

波の音が地鳴りのように聞こえまっス。



草むらと黒雲

ひとりで歩いてると拉致されそうやん。



草むらと黒雲



大西洋と黒雲

誰かおる。



大西洋と黒雲



2つに別れるわだち

右を行っても左を行っても大した違いはない。ちっさい島やねん。



英雄の像

途中で雨が強くなったのでいったん集落に引き返したはええけど雨をしのげそうなのがこの教会のみ。

というわけで聞いていただきましょうさだまさしで「雨宿り」。



公衆水道

教会前の広場。



ゲストブック

小さな民家を改造したギャラリー。

島のあちこちにあるイラストの元締めがここ。



かえるのオブジェ

「ま、まいど。。」



コラージュ

なんというか、アートで町おこしみたいなん世界的に流行ってんの?



カラフルなタイルの案内板

この岬からほかの島々やフランス本土がぐるりと見渡せるということでっス。



大西洋と植物

8月やのに暗くて寒~いモレーン島。ネオアコ風情たっぷりのステキな島でした。寒。。


<< 前「8月4日12時 - さらに荒涼としたはじっこの島にやって来たヘル美。」

次「8月5日10時 - 旅行をふり返ってヒマをつぶすヘル美。」 >>