8月5日11時20分 - 岬めぐりでヒマをつぶすヘル美。

|

フランス最後の1日。とはいえいつもと変わらず岬めぐりでヒマをつぶしておりまっス。[ 写真を見る / 音声を聞く ]


より大きな地図で 兼高ヘル美ロシアの旅2010 を表示


(音声ファイルをダウンロード: mp3/2.5MB)


岬めぐりのもようをどーぞ。



岬をジョギングする年寄り

「ええ若いもんがぶらぶらしとったらあかんぞ!」

「はーい。。」



青空と緑の草原

今日はほんまにええ天気。きのうまでの寒さとつめた~い雨はなんやったん?

現在地がいまひとつつかみきれないまま歩いておりまっス。。



灯台の建物

若干の紆余曲折を経て岬の先っぽに到達。肝心の灯台には近づけません。。



灯台の建物と石垣

遺跡に見えんこともないけど現役だそうでっス。



灯台

なんかええように見えませんけど実物はめっちゃええ感じなんです。。



透き通った海面

岬から見た海。



海中に立っている灯台

無骨なたたずまいがいいですな。個性あるデザインの灯台はこの辺の名物でっス。



岬のふちに座って海を眺める人々

リーマンショック以来回復しない景気を憂う人々。

「あの売掛どないして回収したらええんや...」
「来月失業保険切れたらどないしたらええんや...」
「欲かいて買い増した株どないしたらええんや...」

悩みはいずこもおんなじやな。



岬のふちに座って海を眺める人

「年金62歳からになってもうたどないしたらええんや...いやいやせっかくの旅行や気まぎらわさな。」



岬のふちに座って海を指さす人

「あっ!タケちゃんマンだ!...ってぜんぜんまぎれへんやないか。。。」

みなさん老後の準備は計画的に。



小春日和の海

海から顔出す灯台。



小春日和の海



灯台と船

近所の島々を結ぶ船。


そろそろ時間がアレなので戻ってごはん食べて駅に向かいまっス。



林と青空

のどかな風景が続いたわけですけれどもやっぱり気候は厳しいねんな。



広大な砂浜

すばらしいビーチを発見したわけですけれども時間がアレなので断念。



海の潮目

海面はおだやかに見えるわけですけれどもその下にはふつふつとしたもんがあるような不穏な雰囲気。


ムール貝を食べずしてということでしたので最後の最後にチャレンジ。



ムール貝チャウダー蒸し

クラムチャウダーで蒸したムール貝とフレンチフライが名物やねんて。
この辺りのムール貝は小ぶりだそうでっス。



湯気を立てるムール貝

湯気もーもー。

貝はもちろんクラムチャウダーをつけて食べるフレンチフライがめっちゃおいしかったでっス。



白ワイン

ちょうどええ塩梅に冷えた白ワインをばんばん飲んで昼間っから完全に酔っぱらってしまいました。こんなんわかっとったら毎日食べたのに。。



ルノーメガネ

ん?メガネ?



ルノーメガネ

メガネって...ちょっと飲みすぎましたね。。



ルノーメガネ

どわ!やっぱメガネやん!

パリにありました三城といいファッションの国フランスでは今メガネが熱いねん。



ブレスト駅構内

ブレスト駅まで戻ってまいりました。ここから特急でパリまで約5時間。



ブレスト駅構内

今日はお天気ええけど島行ったらこの絵みたいな感じやったねぇ。。



TGVの車体ペイント

これに乗んねんけど...このペイントなんかおかしない?



夏空と畑

特急でパリへ。



夏空

正味な話もう疲れ切ってんねん。



夏空

いすが微妙に座りにくくて寝るに寝られず。。



TGVの車体ペイント

フランス人はセンスええとか言いますけれども正直これはどうなん?

いよいよ明日帰国しまっス。


<< 前「8月5日10時 - 旅行をふり返ってヒマをつぶすヘル美。」

次「8月6日19時30分 - パリから関空ゆきの飛行機で来た道を戻るヘル美。」 >>