2011.6.13 – お店で飲んで砂丘で飲むヘル美。<後編>

ケンブリッジで飲んだ後はボルドーの広大な砂丘をひたすら歩いてまた飲むヘル美。しゃべりは前編でどーぞ。 [ 写真を見る ]


より大きな地図で 兼高ヘル美欧州とロシアの旅2011 を表示

より大きな地図で 兼高ヘル美欧州とロシアの旅2011 を表示

2010年のロシアで出会ったスーパーアウトドアバックパッカー、トマスに再会すべくボルドーへ。

噴水

「よう来たな。」

コーフンしすぎちゃいます?

並木と路面電車

ボルドーへやってまいりました。落ち着いてるわー

カフェの表の手書きメニュー

いわゆるひとつのカフェでっス。恥ずかしなるぐらい本物。

カフェの壁のイラスト

日本でやったらやりすぎですけれどもここはフランスですから。。

フランスのおじや

地産地消の有機栽培ということで恥ずかしなるぐらい本物ですけれどもここはフランスですから。。

どこで飲んでもワインがおいしくてびっくりしました。

美術館の展示ホール

古ーいワインの倉庫をそのまま使った美術館。

雪が積もったこの車のどこがええのかまったくわからずとまどいを隠せません。。

柱の落書き

この年号ほんまかいな。建物自体は相当古いものだそうでっス。

中2もびっくりのしょーもない落書きがいろいろありましたけどあまりにもアレなんで自粛。

ホールを取り囲むバルコニー

展示ホールは吹き抜けになってまして、それを取り囲むようにこういうバルコニーが。夜の滑走路のようでっス。

トイレの落書き

トイレの落書きもなんかシャレとんな~っと油断しておりますと…

トイレの落書き

妙に上手やねん。。

トマスの妹の部屋から見える風景

なーんとなんと、今回はパリに出張中というトマスの妹さんのアパートをまるごと使わせてもらいました!

「窓からローマが見える」っていう映画ありませんでしたっけ?

湯呑みとみそ汁

妹さんは東洋好みのようでした。おみやげを手ぬぐいにして正解や!そして日本と中国がごっちゃになんのは東洋好みの西洋人あるあるや!

中国の人形

なんというか、インテリアとか小物のテイストが日本の文化系女子と似てんな。と思いました。こ、これがグローバル化!

調味料の棚

ささやかに、こざっぱりと生活している感じがとてもよかったでっス。

砂丘の砂山

観光がめんどくさいヘル美がトマスにリクエストしたのが砂丘。ところが着いたとたんに砂山を登らなあかんという超めんどくさい展開に。。

砂山を登る階段

階段あるだけマシ。。

砂丘でピクニック

なーんとなんと、トマスがピクニックを仕込んできてくれたのでありまっス!おみやげに持ってきた風呂敷をさっそく使うトマス。

フランス風ピクニック

この充実ぶりを見よ!見よ!

フランス風ピクニック

バスク産のチーズやボルドー名物カヌレなどなど…こんなおいしいのん食べたことないわ!

海を見つめるビキニ3人

眺めもええし、もう言うことナスや!

砂丘のてっぺん

いやーすばらしいピクニックでした。ありがとうトマス!

今回の再会で、トマスはバスクの血を引くハードなロッククライマーかつ3つ子であることが判明。「3つ子Tシャツ」を着てました。

ボルドーの街角

ボルドーの放課後。

カフェでビール

トマスにはいろいろとおいしいもんを紹介してもらいました。トマス情に厚いわ!

ボルドーの空港ロビー

上げ膳据え膳恐縮でっス!というわけで名残惜しみつつボルドー空港へ。安いフライトを選ぶとターミナルはたいがい倉庫みたいな建物やねん。

格安フライト離陸前

イタリアのボローニャに向かうこのフライト、額面は激安の99セントユーロ。手数料とかもろもろかかって結局数千円になるというよくあるパターンですけれどもそれでも安いわ。

噴水

「また来いや。」

水出しすぎやって。。

次回からイタリアでっス。

カテゴリー: ヨーロッパとロシアの旅2011, 兼高ヘル美世界の旅 パーマリンク