2011.6.15 – 浮かれ気分のジェラート娘。

山道を行く満員御礼の路線バスに浮かれたジェラート娘。が。(4分ぐらいで唐突に終わりまっス)[ 写真を見る / 音声を聞く ]


より大きな地図で 兼高ヘル美欧州とロシアの旅2011 を表示

Listen to 2011.6.15 - 浮かれ気分のジェラート娘。
(音声ファイルをダウンロード: mp3/2.0MB)

ケンブリッジの写真はこちらにまとめてありますので見ていただくとしまして。

2度目のナポリをどーぞ。

ナポリのマクドナルド

ナポリのマクドナルド。満員御礼でみんなようしゃべるしゃべる。地下なので音がわんわん響いてえらいことに。。

ナポリのマクドナルド

注文するとこは列があるようなないような状態で飲みもん1杯頼むのに2、30分かかりました。。

おもしろアイテム満載とのうわさを聞きつけましてナポリの国立考古学博物館へ。

日本へのメッセージ

なんやようわかりませんけど趣旨は理解しました。

「あなたには今後何ひとつええことはないでしょう。」

「寝違えた。」

天球を担ぐ男の彫像

歳取ってくるとほんまいろいろしんどなってきますわな。

男を追う男の彫像

「おしりになんかついてますよ!」

「おしりになんかついてますよ!!」

飛び跳ねる豚

こんなに跳んでんのに皆よそ見しているとは。。

「次いってみよう!」

というわけで、いよいよここいちばんの見どころに潜入するわけでっス。

もっこりした彫像

ん?ん?

もっこりした彫像

なぬーっ!

というわけでまさかの秘宝館や。

行為をいたそうとする彫像

ムチャしすぎなんでしょうか…あちこち欠けてまっス。。

行為をいたす男女の彫像

慣れない男に手慣れた女…男性諸氏は切なく甘酸っぱい思い出が蘇るのではないでしょーか。

羊といたそうとする羊男

迷える子羊とはよう言うたもんやな。

羊といたそうとする羊男

このオッサン今回が初めてやないでこの顔!

謎の彫像

何のためにこんなもん作んのかほんま謎や。。

男の彫像

「数で勝負じゃ!」

男の彫像

「男は数やない。大きさで勝負や。」

男たちの彫像

「数や大きさだけではあかん。こんな時代やからこそノリが大事なんや。」

男たちの彫像

「そんなフニャフニャしたもんで何を言うとる。勢いなくして未来なしや。」

秘宝館を見る女子学生

「オッサンらキモ。。」

男たちの彫像

歴史的に大変貴重な品々らしいんですけれども、歴史の重厚さみたいなもんが感じられずすがすがしい。

お守り

ローマの風呂まんが略して「テルマエ・ロマエ」にも登場いたしましたアレでっス。災いをすべてはねのけてくれそうや!

男の彫像

ご自慢のアレ。

謎の置物

何するもんかわかりませんけれどもなかなかご立派や。

男の彫像

「すんません今しまいまっさかいアレ入れへんなアレ入れへんな。。」

ナニの彫刻

この辺になってくると悪ふざけがすぎる。

ナニの彫刻

愛する人の名前を彫って根性を見せる…ヤンキーマインドは場所や時代を超越するので㌃。

男女のレリーフ

いやんばかんは喜久蔵師匠が言う言葉。

この秘宝館、正式には「秘密の小部屋」というらしく、貴重でしょーもないポンペイの出土品がひっそりと展示してありました。

ふつうの展示に戻るわけですけれども。。

女性の彫像のおしり

こういうとこばっかりに目がいくわけでして…秘宝館効果恐るべし。

馬の尻にかぶりつくライオンのレリーフ

「がぶっ」

「アレー」

しょーもな。。

昔のたこ焼き器

たこ焼き器や。。

男性の彫像

「日本からのお客様はみな一様に『たこ焼き器や!』とおっしゃいます。。」

男性の彫像

「うちけっこうしょーもないけどおもろいやろ!また来てな!」

次回はナポリかローマのどっちかでっス。

カテゴリー: ヨーロッパとロシアの旅2011, 兼高ヘル美世界の旅 パーマリンク