2013.1.10 – 冬のオホーツク海

この日は1日かけて釧路から網走を経由して旭川へ。途中列車が遅れたりすると乗りつぎできず終了。


より大きな地図で 兼高ヘル美北海道の旅2013 を表示

寒いとはいえ雪は少なかった道東なんですが。。

快速しれとこ

釧路は今日も快晴なんですけれども、網走から来た列車には雪。

網走行き

というわけでまずは網走へ。ほとんどの駅に止まる名ばかり快速のため3時間ぐらいかかります。

凍った釧路川

再び凍った川を渡り…

雪の湿原

列車は釧路湿原へ。

冬枯れの湿原

夏は青々としてみずみずしいんでしょうね。

凍った湖

湖も凍ってます。

湿原の中の駅

湿原の中の駅。集落があるみたいですが、降りる人も乗る人もなく。

冬枯れの湿原

とはいえ冬枯れの湿原もなかなかええもんです。

標茶の町

釧路から約1時間、湿原を抜けて標茶の町にやってまいりました。

標茶駅

町も駅もそこそこ大きい。

空は真っ青

釧路から北へ約1時間、まだまだいい天気。

雪に埋もれた緑駅

さらに1時間ほど北上したところ…

雪に埋もれた町

突然の雪景色よ。。

雪の札弦駅

これは完全に気候が変わりましたな。

吹雪の町

さっきまでの晴天から、線を引いたように急激に天気が変わって車窓は吹雪に。

雪の中薄日が差す車窓

と思いきや薄日が差してきて…

あっという間の晴れ間

うそみたいに晴れ間が…めまぐるしいお天気。

車内販売のロールケーキ

知床斜里駅に止まってる間になんと車内販売のオッサンが乗りこんできて、地元のお菓子屋が作ったと思われる甘味を売り始めた!

冬のオホーツク海

そしてついに列車はオホーツク海へ。

うねるオホーツク

暗雲垂れこめるオホーツク

再びあっという間に暗雲垂れこめて。。

海岸沿いの集落

線路と海との間に時々小さな集落があるんですよね。

海岸沿いの家

寒風吹きすさぶオホーツクの鼻先でどんな生活してはるんかなと。

雪の網走駅

お天気はめまぐるしく変わって、網走に着くと再び薄日が。

雪の網走駅

一面の雪景色。

ホームの屋根で雪下ろし

ホームの屋根で雪下ろし。

網走駅前

地方都市風情まんまんの網走駅前。

というわけで、ここ網走で慌ただしく乗りかえの予定だったんですが。。次回は列車の遅れが挽回できれば旭川にたどり着く予定です。

今回の旅のTipsとか旅程のプランニングなどは別途書きますので何とぞー

しゃべる旅行記

もどーぞ。

カテゴリー: 兼高ヘル美世界の旅, 北海道の旅2013 パーマリンク