台南行くなら地元高級ホテルの総支配人が作ったガイドブックを買うべし

台南のガイドブックは数あれど、地元で作られた日本語のガイドブックはこれが唯一なんじゃないでしょうか。

地元作ということもあって、濃厚な情報がコンパクトにまとまっていておすすめです。その名も「ディスカバー・タイナン」。

作者は台南の高級ホテル「大億ランディス」総支配人、エベリン・ウさん。

台南の中心部にある観光やグルメのスポットを、徒歩や自転車で回れるような小さなルートに分けて紹介しています。

台南はぶらぶらと歩いて楽しい街。あちこち大きく移動するより、徒歩圏にしぼって回る方がいいですね。ちなみにわたしはいつも赤崁楼の並びの福泰飯桌でごはん食べてななめ向かいの信裕軒でおみやげ買って大天后宮で休憩します。

ルートごとにテーマがあって楽しい。コンパクトなルートばかりなので、短期滞在でも役に立ちます。

有名店はもちろんのこと、観光客は気づかないような地元の名店も載ってます。食べ歩きもばっちり。
自然で上品な、落ち着いた文体もいい感じです。

このガイドブック、2014年4月に台南の草祭書店で購入。台南のゲストハウス「吉屋出租」にも置いてありました(閲覧専用、販売・貸出不可)。

初心者にもリピーターにもおすすめできる1冊です。

台南・高雄好きのあなたにこちらもどーぞ。
2015年2月 – 台南・高雄3泊4日23店食べまくり。

カテゴリー: 兼高ヘル美世界の旅 パーマリンク